ゼノア化粧料通販・花咲

 


 

<これで安心!紫外線対策>
あなたの間違いだらけのUVケア

 

「屋外でスポーツしているのですが、絶対焼きたくありません。安全な日焼け対策を教えてください。」

というご相談をお客様からよく頂きます。誰しも望みは同じですね!
日焼けを気にせず、思いっきり屋外で伸び伸び過ごせたら、どれ程気持ちが良いことでしょう。
が、しかし・・・・・太陽の下で思う存分スポーツを楽しみながら、全く日焼けしないということは、

「食べたいだけ食べながら、痩せる方法を教えてください!」
といわれるのと同レベルの困難な課題に思えてなりません。

人の身体は生命を守るために、とても精密にできています。
たとえば、冬が終わりを告げ、春先から段々日差しが強くなると、当然目の中に入る紫外線量も増加します。
そうなれば「身体の内部を守るために紫外線対策しなきゃ!」と、ゆっくりとしたスピードで肌が黒くなりはじめます。
じっくり時間をかけてメラニンの暗幕を張り巡らせることは、肌にとって、とても大切なことです。
夏の強い紫外線に備えて、わざわざメラニンを肌に分布させたのです。
その効果は抜群で、UVカット化粧品などは問題にもなりません。

「色白ならば太陽光を反射できる!」などと錯覚している方は、日傘や衣類の場合を思い出してください。
黒が一番紫外線を多くカットするのに対し、逆に白は光や紫外線を最も多く通過させてしまう色なのです。
この時期に、あえて肌に浸透する美白化粧品を使っている方は、紫外線の強い時期に美白をする訳ですから、
逆に「紫外線が入りやすい肌!」になるということです。色白な肌こそ、紫外線でシミやシワになりやすいわけです。
特に紫外線の強い季節に美白をするという行為は「百害あって一利なし!」
将来肌がシミやシワになるよう、自ら導く行為なのです。
特に夏は「美白化粧品」と「UVケア用品」、そして「色々な化粧品に含まれている合成界面活性剤」による複合毒のトリプルパンチを最も受けやすい季節なので要注意です!

また、「安全な成分だけを使い、最高に強力な日焼け止めクリームを作る!」というのも無理なお話です。
こう言うとガッカリされるかも知れませんが、今後の安全なUVケア方法の参考に最後までお読みくださいね。

紫外線対策のクリームは主に2種類に分かれています。
●一つは「紫外線散乱剤」しか使っていないもの
●もう一つは「紫外線吸収剤」を併用したもの

紫外線散乱剤はおしろいと同じ「酸化チタン」が原料なので安全です。
それに対して紫外線吸収剤は、実は「クレゾール」(クレゾールは病院でよく使われている、殺菌が目的の消毒薬)と同種の毒性を持ち合わせます。
解りやすく言えば、細菌を殺せるから消毒薬なのです。


女性誌にとっては「化粧品会社が1番有力なスポンサー」であることが殆どなので、あまり書かれることはありませんが、新聞などの健康相談コーナーでは、医者が「できるだけSPFの強いものを毎日は使わないようにしましょう!」と警告し、同時に「外出から帰ったらすぐに洗い流しましょう。」と指導しているのはそのような理由です。

色が付く日焼け止めクリームには、先程お話した、おしろいと同じ原料「酸化チタン」が使われています。
また、同時に「紫外線吸収剤」を併用したものが殆どです。
最近主流で販売されている日焼け止めクリームは、消費者が塗って色の付く製品を好まなくなったために、安全な酸化チタンの量を減らし、逆に紫外線吸収剤を増加させ、より毒性の強い方向へ流れたように思えてなりません。というのは、その日焼け止めの主成分が、クレゾールと同じ化学記号を持つ退色防止剤(印刷のインクの色が紫外線で色が飛ばないようにするために入れるもの)と同様の成分だからです。
下記をご覧下さい。亀の甲羅のような6角形の形をしたものをフェノール類といいます。その6角形が「毒性」の正体です。例えばクレゾールは、200倍に薄めても細菌を即死させる強い毒性を有しています。
何故ゼノアが天然色素を使い、タール色素を嫌うかというと、タール系色素を使うと、当然女性の好む色を自由自在に作り出すことは出来ますが、その代償として日焼け止めクリームと同類の毒性を持ちあわせるからです。
使用目的は違って、程度に差こそあれ、共通に毒性を持ち合わせていることには何ら変わりありません。


そのような訳で、安全な成分だけで日焼け止めクリームを作ると、どうしても限界があるのが実情です。
お客様からお聞きしたお話ですが、外国の海でSPF50のものを使ったけれど全然効果がなかったそうです。
また、製品によってはビリビリして刺激が強くて使えなかったとか・・・・・。
夏、軽く日焼けするのと、瞬間的な白さだけを求め日焼け止めクリームや美白成分の入ったUVカット剤で傷めて、肌荒れやシミやシワをつくるのと、未来の素肌のためには、はたしてどちらが良いのでしょうか!?
帽子や日傘で直射日光を避けたり、お散歩やお買い物へ行く時間を紫外線量の少ない時間にずらしたり、
日陰側を歩くなど、日常の工夫も必要でしょう。

 

 ゼノア化粧料の<UV対策製品と効果的な組み合わせ>
 UVカット化粧品入門<SPF値は信用できるのか?>
 UVカット化粧品入門<知らないとキケン!紫外線吸収剤について>


季節の美肌対策トップページへ戻る


 

ゼノア化粧料通販愛情石鹸生活 ゼノア化粧料通販石けん生活 ゼノア化粧料通販熊野筆・化粧筆・メイクブラシの通販専門店 花咲

ゼノア化粧料通販・花咲


プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright(c)2001-2016,PlanningOfficeRie Co.,Ltd,All Right Reserved.
このサイトに掲載のイラスト・写真・ロゴ・文章等の無断転載・複製を禁じます。