ゼノア化粧料通販・花咲

 


よく頂くご質問 トップ20

「特許製法により、これまで不可能と言われた肌の奥まで有効成分浸透させてより効果倍増!」という化粧品はどのような仕組みですか?

「シミ、シワ、老化防止、色白美肌への近道を教えてください。」

ゼノア製品を使っていると段々「シミ」が濃くなったので不安です?

35歳を過ぎています。
必ず「U-1シリーズ」を使わなければならないのでしょうか?

敏感肌・弱肌ですが基礎化粧品は最初は何から使ったら良いか教えてください。

肌がかゆく、洗顔すると頬が炎症を起こして真っ赤になって痛いのです。
洗顔が苦痛です。今はどうすれば良いのでしょうか?

超乾燥肌になりました。職場の暖房が原因です。
乾いた空気の中で肌を守る即効性の有る方法を教えてください。

学生ですがニキビがひどく顔が赤紫色になっています。
ニキビの出ないお肌にはなれませんか?

ニキビ後の皮膚の陥没や色素沈着が気がかりです。
昔の色むらやデコボコのない肌に戻れませんか?

パックや蒸しタオル後に顔が真っ赤になるのですが大丈夫でしょうか?

「ハイパック」を使うとビリビリするのですが・・・

鼻の毛穴に脂肪がたまり、果物のイチゴ状の黒いブツブツになっているのですが、取れませんか?

「フリージアクリーム」は石けんだけで落ちますか?

「コールドクリーム(無水型)」はメイク落としにいつも使わなくても良いのですか?

「びがんこ」の使い方を教えてください。

メイク直しのテクニックは?

ゼノアのリップカラーを使っていたら唇の色が綺麗になってきたと思うのですが、気のせいでしょうか?

石けんシャンプーを快適に使う方法を教えてください。

フケが出るのですが、どうすれば良いですか?

お洒落染めや白髪染め等・化学合成色素使用)時の毒性を弱くする毛染め方法はありませんか?

お風呂で身体を洗うとガサガサになり、かゆいのですが・・・

手足が荒れているのですが、何を使えば良いでしょうか?

 

 

「特許製法により、これまで不可能と言われた肌の奥まで有効成分浸透させてより効果倍増!」という化粧品はどのような仕組みですか?

   

 

.最近、特に美白化粧品やシワを薄くする化粧品、に多用されている方法ですネ。

肌に浸透できるものは現在の科学において3つです。
1.毒ガス(戦争に使われる)
2.ステロイド(ホルモン剤)
3.合成界面活性剤(合成洗剤・乳化剤とも呼ばれるもので、台所食器洗剤も同じ)
簡単に言えば浸透させる技術は化粧品においては2と3の応用です。

★良く耳にする言葉で「ビタミンC誘導体」と言う言葉があります。
「美白の為の特殊なビタミンCが開発されたんだ!!凄いワ〜!」なんて喜んでいる場合ではありません。
「ビタミンC」を「合成界面活性剤加工」しただけのことです。
「合成界面活性剤」は肌の中に浸透する性質があるので「環境ホルモン物質」につながるのでしたよね。問題有りですねぇ。

★お肌の奥深くまで浸透する○○化粧水やシワの伸びる○○美容液。
「肌の奥へ浸透すれば浸透するほどより効果的。ラッキー!!」なんて思っていると今度は逆にその部分がシワやシミになりますよ。
お肌には「バリアソーン」と言うタンバクと脂で作られた薄い膜があります。
卵だと、外側の固い殻と内側の柔らかい膜(ゆで卵の時に卵に引っ付いて取れにくい白い弾力の有る部分)魚だとウロコにあたります。
人の場合は皮脂膜によって守られているのです。
お風呂に入っても泳いでも、水等の異物を皮脂膜がはじいてくれるから身体の中に入ってこないで安全なのです。

その膜を無理矢理やぶって化粧品(異物)を体内に入れると、「こりゃァ大変!」とメラニンがあわてて化粧品の進入した部分を取り囲みます。
メラニンの集合→その結果がシミになるわけです。
もっと解りやすく言えば異物の進入(環境ホルモン物質など)から身体を守る為に戦った後がシミなのです。
何となく、急に「シミ」がいとおしく思えませんか?

★これには更にオマケがつきます。
バリアソーンと言うタンパクと脂で作られた薄い膜を無理矢理やぶって浸透させると
当然肌には目に見えない無数の穴が開いてしまいます。
その穴から今度は逆に肌の中に溜めていなければならないハズの「水分」が時間と共に蒸発して老化の1番の原因!「乾燥肌」をつくります。
それと同時に「皮脂」も溜められず、常に穴から少しづつ流れ出して部分的なオイリー肌になります。
これが最もご相談の多い現代版の不思議な混合肌です。年齢は関係有りません。

★「浸透」と言う言葉には要注意!!ですよね。

「水」なのに、つけた後しっとりする○○水だって同じです。
合成界面活性剤をブレンドした水ですから肌の中に合成界面活性剤と一緒に浸透するので数時間はシットリするわけです。
もし、ちょっとした水仕事や入浴位で水等の異物が体内にどんどん入ると生命が危険です。

身体を守ってくれているバリアゾーンを破ってまで乳液や美容液、美白液、不思議な水をお肌に浸透させようなどとは決してお考えにならないで下さい。

それが若さと健康を保つ秘訣です。

 

 

 

「シミ、シワ、老化防止、色白美肌への近道を教えてください。

   

 

.欲張りなご希望のように思えても実は全て同じお手入れで可能です。
<1.純石けん「クリームソープ」を使って洗顔>
(弱酸性、中性、アミノ酸系)は合成洗剤なので使わないようにして下さい。かえってメイク汚れをお肌の中に浸透させる結果になります。後で詳しく説明いたします。

<2.酸性ローションでお肌の中和と収斂>

<3.クリームでお肌の保護とメイクの下地>

この3ステップを朝夕続けることで基本的なお手入れは完了です。 

★35歳を過ぎた方でより近道をご希望の方には「U1-Sローション」「U1-Sクリーム」をお勧めします。 
シミ、シワ、クスミ、老化防止、色白美肌を目的として作られていますので結果が出るのが速いと思います。
★皮膚から浸透するものには
 *.毒ガス
 *.ホルモン剤
 *.合成界面活性剤(合成洗剤)の3つがあります。  
市販されているメイク用品のほとんどがタール色素で出来ています。
タール色素の特徴は褪色(色があせる)しやすいことです。
メイクをして10年も経てばお肌はくすんできますが、それはお肌の中に毎日微量ずつ入ったタール色素の色あせたものが皮膚表面から透けて見えているのが主な原因です。
そこで必要なのがパックです。 

<4.パックで剥離>
 *.これまでうっかり使ってしまったメイクの毒性を除去します。
 *.厚くなった角質をお手入れの度に軽く除去します。
分厚くなった角質のヒズミがシワですから角質を薄くすると、おのずとシワは浅くなるわけです。
角質の厚さを学生時代のような厚さに調節しましょう!
そうすることによって年齢に逆行してお肌が透明感と張りを取り戻し若々しく輝きます。
 *.また、お肌の中に入り込んだお化粧品を環境ホルモンとして血液まで運ばせないよう守るためにメラニンが取り囲んだ後がシミとも言えます。(病気以外)
バックで皮膚の代謝を良くする事によってより速くシミの部分が角質層のアカとなってはがれ落ちるのを助けます。

<5.マッサージクリームで皮膚の代謝を促します>
お肌の質感が変化します。赤ちゃんのように柔らかく弾力のあるお肌に蘇ります。

以上の1〜5までを規則正しく行なえば必ずご満足のいく結果が出る事でしょう。

睡眠時間は8時間以上取れると美肌には最高です。
食生活にも気をつけてバランスの良い食生活を心がけてください。
「継続は美肌なり!」

 

 

 

 

ゼノア製品を使っていると色は白くなったのですが、段々「シミ」が濃くなったような気がして不安です。

   

 

よかったですね。
そのシミは取れようとしている「サイン」なのです。
「シミ」が濃くなったのは、奥にあったシミが皮膚の表面に上がって来たものです。
肌の表面に近づけば近づくほどシミは当然透けて濃く見えます。
ゼノアの化粧品は肌を活性化させ、皮膚の生まれ変わりをスピードアップさせますのでこのような事はよくおこりますが、ご安心下さい。

下記の1〜5はお客様から寄せられた実体験に基づいた報告です。
お肌は年齢に関係無く、次のような順序で変化するようです。
ご参考になさって下さいね。

1).お顔全体のクスミが薄くなり、透明感を増して肌が明るく、柔らかになったように感じる。
2).さらに色白になるが、逆にシミは日増しに濃くなっているように見え、不安を覚える。
3).シミの中に「ポツン」と白い点(新生の皮膚)が現れる。(ちょうど眉毛の中の日光に当たっていない部分のような色)
4).シミの中の白い点の面積がどんどん広がり、対照的に茶色いシミの面積が減って行く。
5).ふと気がつくとシミが1つ、また1つと減り、色白で、皮膚は柔らかくそしてちりめんジワが消え若々しく健康になっている。

「ローション」「クリーム」以外に「マッサージクリーム・アルファ」と「パック」をお使いになれば更にスピードアップが期待できますよ。
「継続は美肌なり!」実年齢よりも10歳若くを目指して下さいね

 

 

 

 

35歳を過ぎています。
必ず「U-1シリーズ」を使わなければならないのでしょうか?

   

 

実年齢と皮膚年齢は違います。
30歳を過ぎても20代の肌年齢の方もいらっしゃれば、30歳で40歳代の方もいらっしゃいます。
肌年齢の個人差の原因は色々ありますが、お化粧品では、これまでお使いの洗顔料や乳液などの基礎化粧品、
タール色素によるメイク等が大きな要因と考えられます。
また、UVカット剤、美白化粧品、無添加化粧品等でどこまで肌を痛めたか?も関係すると思われます。
●皮膚の色がくすんで分厚くゴワゴワと硬くなり、シミ、シワを改善したい方は「U-1シリーズ」が近道だと思います。
●お肌の弱っている方(弱肌や敏感肌)は「A-30シリーズ」からスタートして、先に肌のバリアゾーン(角質層)
を丈夫にされる事をおすすめします。それから「U-1シリーズ」をお使いになられると更に効果的です。
●どうしても迷われた場合は一応両方お試しになられ、肌のコンディションや季節でお好きな方をお使い下さい。

 

 

 

 

敏感肌・弱肌ですが基礎化粧品は最初は何から使ったら良いか教えてください。

   

 

現在トラブルをお持ちでなければ下記の3点からスタートされては如何でしょうか?

[洗顔]  クリームソープ(夜の洗顔におすすめします。)
      びがんこ(朝の洗顔に)
[ローション]  A-30ローション・アルファ
[クリーム]   A-30クリーム

<お肌に不安のある方へ>
酸性ローションは最初の3日間は水(水道水でも可)で半分の濃度に薄めて朝夕お試し下さい。
調子が良ければ今度は薄めずにそのまま原液をお使い下さい。

詳しくは【トラブル肌の方へ】をご覧下さい。

 

 


 

肌がかゆく、洗顔すると頬が炎症を起こして真っ赤になって痛いのです。
洗顔が苦痛です。今はどうすれば良いのでしょうか?

   

 

石けん洗顔がしみる場合はお肌の「バリアゾーン」が痛んでいます。
水洗いでも痛い場合は相当重症です。

最低3〜7日間、お化粧をしないで肌に休息を与えましょう。
お化粧を塗れば必ず落とさなければなりません。
落とすためには肌に触れる必要があります。その摩擦が刺激につながるのです。 
石けん洗顔もその間はお休みしてください。
炎症が治まったら、少しずつお肌を慣らしながら感作減法をお試しください。
詳しくは【トラブル肌の方へ】をご覧下さい。

 

 

 

 

超乾燥肌になりました。職場の暖房が原因です。
乾いた空気の中で肌を守る即効性の有る方法を教えてください。

   

 

最もおすすめなのは「マッサージクリーム・アルファ」をお手入れに加える事です。
お時間の無い方は夜ローションを2〜3回くり返し付けた後、クリームにマッサージクリーム・アルファを少量混ぜ込んで、そのまま塗ってお休み下さい。
「マッサージクリーム・アルファ」は、昔は「ネオ・ナイトクリーム」と呼ばれ、塗ったままお休み頂いていたクリームです。
乾燥知らずのお肌を作るには「マッサージクリーム・アルファ」は朝や夜の3分間美顔術も大変有効ですので是非お試しください。
 
★ポイント
お部屋の湿度も大切なポイントです。せめてご自宅では乾燥させないよう心がけてください。
夜はエアコンを切ってください。頭寒足熱を守ります。
職場など暑い場所で長時間過ごされるのなら時々冷やすとかの工夫もいいでしょう。
野菜を取らない人が異常に増えていますが、これは絶対に直してください。
〔濃緑野菜+植物油脂+食酢+小魚]は美容食の基本型です。
タンパク質の摂取量が多いほどビタミンB1,2をたくさん取って(日本人は特に女性ほどこのビタミンが不足気味)ください。
B2は皮脂分泌にも影響する美容ビタミンです。体質と美容の両面で特に女性には必要です。

 

 

 

 

学生ですがニキビがひどく顔が赤紫色になっています。
ニキビの出ないお肌にはなれませんか?

   

 

*.ニキビには「M3ローション」と「クリームソープ」をお使い下さい。
超オイリー肌でお悩みの方の肌質改善には最高です。
早い場合は約1週間目頃から結果が現れるようです。

*.洗顔方法にもコツがあります。かならず「石けん」をお使いください。 
 
市販されている合成洗剤(洗顔フォーム・水で洗い流せるクレンジングオイルやジェル等のクレンジング類)や(弱酸性・中性・アミノ酸系)を謳うソープ類はご使用にならないで下さい。 
「純石けん」にはアルカリ性しかありません。
「クリームソープ」をぬるま湯で良く泡立て(野球ボール位な大きさ)泡の上で手を滑らせるように、力を入れずていねいに洗って下さい。
泡を立てず、力を入れてゴシゴシ洗うよりも泡でソフトに洗う方がかえって洗浄力は高まります。
すすぎも、ぬるま湯をお使になられるとより効果的です。
洗顔の最後は必ず水(出来れば冷水)で仕上げる事をおすすめします。
その後、M3ローションを2回付けてお休みください。
たいていの場合、クリームは不必要です。
朝も同じようにお手当てください。
もし、洗顔が朝夕以外にも出来るようならば洗顔はこまめに行ないその後、M3ローションを2回付けておきましょう。

*.爪は短めに揃えて、爪やすりで先端をなめらかに整えるよう常にご配慮ください。

*.食についてのアドバイス。
野菜を取らない人が異常に増えていますが、これは絶対に直してください。
[濃緑野菜+植物油脂+食酢+小魚]は美容食の基本型です。
タンパク質の摂取量が多いほどビタミンB1、B2をたくさんとって(今日本人は特に女性ほどこのビタミンが不足気味)ください。
B2は皮脂分泌にも影響する美容ビタミンです。体質と美容の両面で特に女性に必要です。

* 生活環境について。
暖房をつけっぱなしにして寝たりすると、夜休むはずの皮脂腺が活発化して、昼夜を通して働き皮脂を垂れ流しにします。
夜はエアコンを切ってください。頭寒足熱を守ります。
昼も暖かい部屋にばかり居ると皮脂腺は機能亢進して、皮脂がたくさん出るようになりますので気をつけてください。

*.精神面では
こうなって悩むと、そのストレスでまた皮脂腺が活発になってしまうのです。
美肌のためにもくよくよ考えこまないようにしましょう。

 

 

 

 

ニキビ後の皮膚の陥没や色素沈着が気がかりです。
昔の色むらやデコボコのない肌に戻れませんか?

   

 

ニキビ跡には「ソフトパック」か「ハイパック」をお使いください。
ゼノアのパックは剥離性パックですので余分な分厚い角質を少しづつ除去しながらお肌の表面をなめらかにします。
パックは2日置きにお使いください。
次第に余分な角質が薄くなり,色むらの少ないすべすべ肌に改善されます。
規則正しく行なう事がポイントです。
詳しくはこちらの「パックエステ方法」をご覧ください。
更に結果を早く出したい方は「マッサージクリーム・アルファ」と合わせてお使いください。
パックとマッサージを合わせたお手入れ方法はこちらの「フルコースのホームエステ」をご参照ください。

 

 

 

 

 

パックや蒸しタオル後に顔が真っ赤になるのですが大丈夫でしょうか?

   

 

健康な証拠です。血液の循環の良い方です。
パックや蒸しタオルをお勧めするのは、血管を広げて血液からお顔に栄養を運んでもらうのも大きな目的の1つです。
 
もし、パックや蒸しタオルで心地良い刺激ではなく、痛みを伴なった刺激を感じる場合はお肌のバリアゾーンが痛んでいると考えられます。
その時はメイクや石けん洗顔を約1週間の間中止し、まず「柿の葉茶の煮出し汁」で角質層を修復しながら強化して下さい。
痛みが治まったら「ローションA-30・アルファとクリームA-30」を使い下さい。
お肌の改善には最も効果的な方法です。

 

 

 

 

「ハイパック」を使うとビリビリするのですが・・・

   

 

「ハイパック」は「ソフトパック」より強力なパックです。
心地よい刺激感のあるパックですので「ビリビリ感」を感じられて当然です。
肌が丈夫でシミ、シワ、クスミ、色黒、皮膚のゴワゴワ、老化防止対策をお考えの方には最も有効なパックです。
もし、「ハイパック」ご使用時に痛みを伴なう「ビリビリ」をお感じの場合は、すみやかに水で洗い流してください。
お肌が丈夫になるまでは、「ソフトパック」をお使いになられ「ハイパック」は冷蔵庫の中で保管してください。
「弱肌・敏感肌」の方は年齢に関係無く「ソフトパック」からお使いになられる事をお勧めします。
石けん洗顔がしみるような方はパックは休み、「ローションA-30・アルファとクリームA-30」でお肌を健康にしてからお使い下さい。

 

 

 

 

鼻の毛穴に脂肪がたまり、果物のイチゴ状の黒いブツブツになっているのですが、取れませんか?

   

 

洗顔がポイントです。

美肌を目指す全ての方に是非毎日実行して頂きたい方法をお伝えします。
コツは決して力を入れず、石けんの泡で鼻を包み込むように洗うことです。
毛穴の角栓を取ろうと「ゴシゴシ」力ずくで絞り出そうとすると、逆に汚れを毛穴の中に押し込めてしまいますよ!
お顔全体にも同じ事が言えます。「ゴシゴシ」洗いは避けてください。

1).体温程度のぬるま湯でお顔をぬらします。
2).純石けん「クリームソープ」を泡立てネットを使い良く泡立てます。
メレンゲのようになるまでしっかり泡を立ててください。
泡の量は野球ボール大です。
3).お顔全体を石けんの泡で滑らせるようにそっと丁寧に洗います。
鼻の毛穴は念入りに洗いますが、圧力をかけずに優しく洗います。
細かい泡が毛穴の中に入り、角栓が浮き上がり次第に取れ始めます。
4).体温程度のぬるま湯で丁寧に洗い流して下さい。
5).最後は毛穴を引き締めるために水で洗う事をお勧めします。
早い場合は数日で、遅くても2ヶ月位で美しい毛穴になっていると思います。

★お急ぎの方は「ソフトパックかハイパック」と「マッサージクリーム・アルファ」を併用なさって下さい。鼻の毛穴のみならず、お顔全体が垢抜けますよ。

 

 

 

 

「フリージアクリーム」は石けんだけで落ちますか?

   

 

軽く塗った場合は良く泡立てた「クリームソープ」ならば1度洗いで落とせます。
量を多めに塗った時や「フリージアクリーム」の上から「フェイシャルパウダー・酸性パウダー」などのお粉で押さえた場合は必ず2度洗いをしてください。

★洗い方のポイント
「フワフワ」の泡でソフトに洗うのがコツです。

1度目は泡立てネットで水を少量ずつ加えながらムース状になるまで泡立て、「フリージアクリーム」に軽くなじませ、すすぎます。
2度目もムース状になるまで良く泡立て、力を入れずに今度はゆっくり丁寧に洗ってください。
手に石けんをつけて、ゴシゴシ力を入れて洗うとかえって汚れは落ちにくくなります。
そっと軽く泡の上を滑らせるように力を加えないで洗うのコツです。
正しい洗顔は最高の美顔術です。
毎日ていねいに洗顔してください。
お肌が少しずつ変化しますよ。

 

 

 

 

「コールドクリーム(無水型)」はメイク落としにいつも使わなくても良いのですか?

   

 

「コールドクリーム(無水型)」を絶対に使わなければならないのは、「サンスクリーン・ファンデーション」でメイクした場合です。
「サンスクリーン・ファンデーション」はわざわざ水を弾くように作られていますので「コールドクリーム(無水型)」
を使わないと完全には落ちません。
その他のゼノアのメイク用品は「クリームソープ」を泡立てネットでよく泡立て、2度洗いすると落とす事が出来ます。
★ただし、美顔術として考えると「コールドクリーム(無水型)」をお使いになられるほうがより「美肌作り!」には効果的ですよ。

 

 

 

「びがんこ」の使い方を教えてください。

   

 

1).顔を水かぬるま湯で湿らせます。
2).「びがんこ」を4センチ位絞り出し両手の手のひらに伸ばします。
3).お顔全体に塗り軽くなじませます。
4).そのまますぐに洗い流します。

★ポイント
「びがんこ」の洗浄力は水で洗い流すとマイルドに、お湯を使うと洗浄力はアップします。
普通肌や乾燥肌の方は朝の洗顔に「びがんこ」をお使い下さい。
マイルドな洗浄力ですので皮脂の分泌の少ない方には特におすすめです。
夜のメイク落し用としての単独使用は洗浄力が足りません。
メイク落しは1度目は「クリームソープ」お使いください。
2度洗いをされる場合は「びがんこ」は2度目の洗顔料として最適です。

 

 

 

 

メイク直しのテクニックは?

   

 

1).必ず脂取り紙をお使い下さい。
脂取り紙に皮脂が付かなくなるまで紙を取り替えて丁寧に押さえます。

2).何もついていない「スポンジパフ」でよれた個所を軽く拭き取りながら、お化粧の崩れた部分を崩れていない部分との境がなくなるようなじませます。

3).固形の「パウダーファンデーション」を使い、色むらがなくなるよう、拭き取った部分にファンデーションを少量づつ取って付けます。
「パウダーファンデーション」の代わりに「フェイシャルパウダー」(粉おしろい)をパフに含ませて携帯し、お化粧直しに使っても自然です。

4).アイメイクは綿棒を使うと簡単に修正できます。
普通のサイズの綿棒と赤ちゃん用の綿棒を用途別に使い分けると便利です。   

★ポイント
メイク前に酸性ローション、クリームを下地に塗った後、軽くティッシュで押さえてからメイクするとファンデーションなどが均等に付き、お化粧が崩れにくく長持ちします。
口紅は軽く粉で押さえると落ちにくくなります。

 

 

 

 

ゼノアのリップカラーを使っていたら唇の色が綺麗になってきたと思うのですが、気のせいでしょうか?

   

 

気のせいではありません。
ゼノアのリップカラーは紅花を主剤とした天然色素だけで作られているので唇が染まらないのです。
市販されている口紅は、色々な色が自由に出せてコストの安いタール色素(赤色○○○号・黄色○号など)を用いたものがほとんどです。唇は薄い粘膜なので化粧品の毒性を受けやすい部分です。
タール色素にはタンパク質を溶かす毒性があるので、口紅を毎日使い続けているとタール色素が粘膜を破って微量浸透します。
すると唇は自衛のため、もっとメラニンを分布して表面を固めようとします。つまり肌で言うとシミと同じ現象です。
「タール色素はきれいな色だから唇がきれいな色に着色されるはずなのに?」という疑問もわく事でしょう。
タール色素は不安定な薬品なので光を受けると色が褪せます。褪せた色素が粘膜より下に残り、増加したメラニンと混ざり合って汚い色になったのです。
数年使用していれば、唇は血の気の無い褐色になり、唇の輪郭に沿ってメラニンの黒線状の帯が出来て当然です。
使用を止めると段々と色素沈着が薄れ、健康な唇の色が蘇ります。

 

 

 

 

石けんシャンプーを快適に使う方法を教えてください。

   

 

合成洗剤のシャンプーから石けんシャンプーに楽に切り替える方法をご紹介します。
洗い方とシャンプーの選び方にコツがあります。

1).洗髪前に髪をとかします。

2).「オイルローション」(トリートメント・ローション)を地肌に付けて軽くなじませます。

3).蒸しタオルで2〜3分蒸た後、少し高めの温度のお湯で1度素洗いします。

4).「石けんシャンプー・アルファ」で2度洗髪します。
このシャンプーは「さすがに化粧品会社が作った石けんシャンプーだなぁ!」と思うデリケートな使用感のシャンプーです。

★ポイント
すすぎの時は、少し高めの温度のお湯をお使い下さい。
完全に石けん分を洗い流そうとしても、毛染め、パーマで髪にダメージを受けている場合は
ギシギシ感があったり、ロングヘアーの方ですと絡まりやすくなっていますので無理をしてはいけません。

シャワーのお湯をかけながら手で軽く「トントン」叩くだけで(美容室で襟足を洗い流す時にする方法「溜めすすぎ」と言います。)ゴシゴシと洗い流す必要はありません。。
(いったん髪に付着した石けん分は一生懸命洗ったからと言ってもある程度以上は中和以外の方法では取れないのです。)
それを無理矢理落とそうとするから「石けんは使いにくい!」と言われてしまうのです。

5).「酸性リンス・アルファ」で中和して、石けんカスを除去してサラサラに仕上げます。
このリンスは酸度を微妙に調整してありますので市販のリンスのように傷の有る部分に「ビリビリ」しみる心配はほとんどありません。
リンスをたっぷりと髪全体にまんべんなく塗り、お風呂から出る前に洗い流してください。

★ポイント
* リンスを塗ってから洗い流すまでの時間を長めに置くのがコツです。
* リンスは軽く洗い流す程度の方がダメージヘアーの方に取ってはより、快適です。
この洗髪方法だと 多少のダメージヘアーの方でも石けんシャンプーが随分使いやすくなりますよ。
是非お試し下さいね。

 

 

 

 

フケが出るのですが、どうすれば良いですか?

   

 

もし、「石けんシャンプー」に切り替えてすぐにフケが出るのであれば、これまでに痛んでいた頭皮がはがれ落ちている訳ですから、洗髪前に「オイルローション」をお使い下さい。
「オイルローション」を使うと「合成洗剤のシャンプー」から「石けんシャンプー」への移行がスムーズに行えます。

石けんカスをフケと勘違いされる方もいらっしゃいます。
石けんシャンプーの使い方のコツは普段より少し熱めのお湯をお使い下さい。
石けんシャンプー使用後はリンスを多めに使い、石けんカスは必ず中和して除去してください。
サラサラのつややかな髪に仕上がります。

「合成洗剤のシャンプー」をお使いならば、「石けんシャンプー」にかえて下さい。
フケも減り髪の毛が深くなり、コシも出て、ボリュームアップすることも期待できます。
抜け毛防止にも有効です。

おでこやお顔の中心線に出ている「ブツブツ」はシャンプー・リンス剤の液ダレによっても起こります。
お心当たりのある方はぜひ「石けんシャンプー・アルファ」「酸性リンス・アルファ」をお試し下さい。

 

 

 

 

お洒落染めや白髪染め等・化学合成色素使用)時の毒性を弱くする毛染め方法はありませんか?

   

 

染めがメイクの一部になっていますが、身体に良くないことは皆さん良くご存知ですよね。
お洒落染めですと3ヶ月に1度位で済みますが、白髪染めとなると1ヶ月に1度は染めなければならなくなります。その計算ですと白髪染めのほうが3倍の毒性を受けてしまう訳ですから…。


この方法は市販の毛染めに有効ですので是非お試しください。

「ビューティシールド」と「タンノロイド」と「頭髪香油」を使って前処理しますと肌への刺激や環境ホルモンの害も軽減します。
「酸性リンス・アルファ」で後処理すると髪のダメージと色持ちが違います。

1).額の生え際などのフェイスラインには「ビューティシールド」を幅広く厚めに塗ります。
髪を束ねて、耳の後ろや襟足などにも塗っておいてください。

2).頭皮には「タンノロイド」を塗りこみます。
頭皮への塗り方はクシの先端を使い髪を少しずつ分け、地肌にすり込みます。
クシがうまく使えない方は10本の指先に「タンノロイド」をたっぷり付けて、髪と髪の間に指を入れ地肌全体にまんべんにすり込みます。

3).髪には「頭髪香油」を塗っておきます。
「オイルをすり込んだら綺麗に染まらないのでは?」と思われるかもしれませんが心配は一切ご無用です。

4).毛染め液を塗ります。

5).指定の時間が来たら毛染め液をぬるま湯でていねいに洗い流します。

6).「酸性リンス・アルファ」を髪全体にたっぷり付けて5分〜7分位放置します。
(毛染めによって開いた髪のキューティクルを酸性リンスの酸によって閉じる事により、髪のダメージを軽減させ、色持ちを良くする効果があります。)

7).リンスを洗い流します。

8).「洗髪石けん・アルファ」で洗髪します。

9).「酸性リンス・アルファ」を多めに付け5分位放置してから洗い流します。

10).髪をタオルドライしたら湿り気の残っている間に指先全体に「頭髪香油」を少量つけ、手櫛でとかします。
毛染め後の髪もパサツキ感も違いますよ。是非お試しください。

 

 

 

 

お風呂で身体を洗うとガサガサになり、かゆいのですが・・・

   

 

身体の場合もお顔と同じです。
本物の「石けん」をお使いですか?
「合成洗剤」を使われてはいませんか?
「弱酸性」「中性」「アミノ酸系」と書かれているものは「合成洗剤」です。
複合石けん(合成洗剤を混ぜ込んだ石けん)も「石けん」として販売されています。

★ポイント
簡単な見分け方
成分表示の欄にカタカナが多く並んでいるものは一応要注意です。

現在「石けん」をお使いの場合は、
1).もっとマイルドな石けんに変えてみる。ゼノア「クリームソープ」は処方がデリケートなのでお勧めです。
2).身体を洗う回数を減らす。(毎日ゴシゴシ洗わなくても良いです。)
3).「泡立てネット」で石けんを良く泡立て、手で泡を使い短時間で洗う。
4).熱過ぎるお風呂には入らないようにする。
5).入浴後は「マッサージクリーム・アルファ」を酸性ローションで薄めてガサガサになっている部分にすり込む。
以上をお試しください。かゆみも改善すると思います。

 

 

 

 

手足が荒れているのですが、何を使えば良いでしょうか?

   

 

夜は手足とも酸性ローション(A-30ローション等)を塗った後、「マッサージクリーム・アルファ」か「A-30クリーム」を良くすり込んで下さい。

朝は手にはハンドクリームアルファをお使い下さい。
足には「マッサージクリーム・アルファ」か「A-30クリーム」を良くすり込んで下さい。
お風呂でしばらく湯船に浸かった後、クリームソープをたっぷり付けた軽石で擦るのも足の分厚い角質層を落とすには
とても有効です。

 














 

ゼノア化粧料通販愛情石鹸生活 ゼノア化粧料通販石けん生活 ゼノア化粧料通販熊野筆・化粧筆・メイクブラシの通販専門店 花咲

ゼノア化粧料通販・花咲


プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright(c)2001-2018,PlanningOfficeRie Co.,Ltd,All Right Reserved.
このサイトに掲載のイラスト・写真・ロゴ・文章等の無断転載・複製を禁じます。